読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

照井浩也、ギンザ シックス!

照井浩也です。

ギンザシックス!

もうすぐオープンされるようです!

銀座最大ということでショップ数もすごいことになっています!

銀座のど真ん中にこのスペースは話題になりますね。

ハイブランドがメインのようですが、銀座らしい商業施設になりそうです!

 

「ギンザ シックス」銀座エリア最大の商業施設-全241ブランド紹介、サンローラン・ディオール旗艦店も

銀座エリア最大の商業施設「ギンザ シックス(GINZA SIX)」が、東京・銀座六丁目10番街区に2017年4月20日(木)オープンする。また、2017年1月31日に工事を終え、竣工を発表。2月1日からテナントが順次入居を開始する。

草間彌生の作品がシャンデリアのように…

オープニング展示として、中央吹き抜け空間に草間彌生の作品が展示される。期間は2017年4月20日(木)から2018年2月25日(日)まで。白地に赤いドットの12個のカボチャで、3種類のサイズからなるバルーン。シャンデリアのように披露され、来場を迎える。その他、施設の各箇所には、チームラボや大巻伸嗣等の作品も展示されるので施設内をくまなくチェックして欲しい。

地上13階・地下6階、エリア最大241ブランドが集結

2013年6月に惜しまれながらも閉店した松坂屋銀座店。この松坂屋銀座店単独建て替えではなく、周辺2街区を合わせた再開発によって生まれた「ギンザ シックス」は、延床面積約148,700㎡、地上13階・地下6階と圧倒的なスケールを誇る。

出店数はエリア最大241ブランド。そのうち半数以上の122店舗が旗艦店となり、どこよりも早く豊富な品揃えで最新トレンドを発信する。また、ケンゾー(KENZO)、ヴィヴィアン・ウエストウッド(Vivienne Westwood)、N.ハリウッド(N.HOOLYWOOD)といった人気ブランドを含む81店舗が銀座に初出店し、ヴェルサーチ(VERSACE)やポール・スミス(Paul Smith)など65店舗が新業態に挑む。

銀座の象徴・中央通りに面した全長約115メートルのエリアには、ディオール(Dior)、セリーヌ(CÉLINE) 、サンローラン(Saint Laurent)、ヴァン クリーフ&アーペル(Van Cleef & Arpels)、ヴァレンティノ(VALENTINO)、フェンディ(FENDI)の6つのラグジュアリーブランドが旗艦店を構える。

中でも注目はディオール。白い布と重なり合う独特なファザードとコンテンポラリーな内装で世界最大級、またアジア初の「ディオール メゾン」としてオープンする。セリーヌも同様に世界最大の売り場面積、ヴァン クリーフ&アーペル・ヴァレンティノ・フェンディも日本最大規模のストアとなる。

地下1階:34店で彩るビューティフロア

ギンザ シックス 地下1階には、シャネル(CHANEL)、イヴ・サンローラン・ボーテ(YVES SAINT LAURENT)、クレ・ド・ポー ボーテ(Clé de Peau Beauté)、シュウウエムラ(shu uemura)、RMK(アールエムケー)など人気のコスメブランドを集めた。エステ・ネイルなどのサロン、雑貨・フードもラインナップし、美にまつわる情報をトータルで発信する。

クラランス(CLARINS)は、コスメ販売にあわせてスパも併設。80種類以上にも及ぶ複雑な手の動きを組み合わせて、独自のトリートメントを施術する。他にもメイクアップルームを備える店舗など、ここでしか出会うことのできないビューティストアが登場する。

地下2階:銀座から世界へ食文化を発信するフードエリア

ギンザ シックス(GINZA SIX) 商業施設断面イメージ

地下2階フードフロアには、新業態・初出店を含む37店が展開予定(10/26現在)。ロサンゼルス発オリジナルパイとオーガニックコーヒー専門店「ザ・パイホール ロサンゼルス」や、フローズン・フルーツバー「パレタス」など注目度の高いストアが揃い、抹茶スイーツを展開する「辻利」が都内初出店する。また、日本初国産果実の生ドライフルーツ専門店「綾farm」や砂糖菓子「パパブブレ」の新業態をスタート。

6階:銀座 蔦屋書店や人気レストラン

6階には「銀座 蔦屋書店」が開店。本を買うためだけでなく、そこで過ごす時間を楽しんで欲しいという願いを込めて、書籍だけでなく文具・雑貨、カフェ、ギャラリーと様々な機能を果たしていく。またスターバックス コーヒーも併設予定で、コーヒーの他にアルコールも提案。さらに同フロアには、インド料理・フレンチ・イタリアン・中華と豊富なジャンルのレストランが揃う。

2階:大丸松坂屋百貨店による新店「シジェーム ギンザ」

国内外からセレクトした雑貨を大人たちのライフスタイルに合わせて、大きく6つのテーマで紹介。洋服だけでなく、シューズ・バッグ・ジュエリーを中心としたアクセサリーも揃える。

3階:「観世能楽堂」&草間彌生によるインスタレーション

能楽最大流派である観世流の拠点「観世能楽堂」が地上3階に誕生。480席を設けた会場では、日本の伝統文化発信拠点として、様々なイベントを実施予定だ。さらにアーティストとのコラボレーションによる、アート作品展示にも積極的に参加。オープニングは、世界で活躍する草間彌生迎えインスタレーションを行う。

6つ星級の施設で「ニュー ラグジュアリー」を提案

目指すのは、銀座の誇りと歴史性を引き継ぐ6つ星級の施設。「Life At Its Best~最高に満たされた暮らし~」をコンセプトに、人生を豊かに充実させてくれる最高に価値のあるモノや体験を提供。世界でここにしかない新たな価値「ニュー ラグジュアリー」をプレゼンテーションしていく。

日本文化を感じさせる外観&内装デザイン

店舗デザインは、ニューヨーク近代美術館などを手がけ、世界的な建築家として知られる谷口吉生が手掛けた。外観にはひさし・のれんをイメージしたファザードを設け、伝統的な日本形式で来店客を迎える。あくまで主役は、そこに咲く‟花”であるショップ。それらが際立つように計画されたデザインは、日本伝統のしつらえに通じる考えから生まれている。

また館内は、銀座や京都の路地をイメージして、そぞろ歩きを楽しめるよう通路を設計。障子や行燈などを参考に、風のように光が舞う空間作りを行っている。屋上に設けられた、銀座最大約4,000㎡の庭園も注目だ。

限定グッズ&先行発売アイテム - ディオール、サンローラン、ヴァレンティノなど

開業を記念して、ギンザ シックス限定アイテムや他店に先駆けた先行発売アイテムが多数登場する。ザ ハウス オブ ディオールと名付けた旗艦店を設けるディオールからはムッシュ・ディオールが持ち歩いていたラッキースターと彼が愛した薔薇をモチーフにしたブレスレット「ローズ デ ヴァン」が発売。またアンソニー・ヴァカレロ率いるサンローランは、バッグ「アニヤ」を展開する。

またライフスタイルブランドからは、ライカが人気の「ライカQ」をベースに限定色とボディを纏わせた限定デジタルカメラが登場する。また、ビューティーラインは、ディプティック(diptyque)が日本庭園から着想を得た限定キャンドル「tokyo」を、シュウ ウエムラ(shu uemura)は、100色のアイシャドーを詰め込んだ「100色 アイシャドー パレット」を揃える予定だ。

「ギンザ シックス」でしか味わえない限定メニュー

また、各階レストラン・カフェでは「ギンザ シックス」でしか味わえない限定メニューや、オリジナリティあふれる新メニューなどが提供される。フランス発・日本初出店のクレープガレット専門店「フランボワーズ」には、ヤギのチーズ・リンゴ・オリーブペースト・クルミ・ローズマリーを使用したガレットが登場。

鉄板焼き専門店「TEPPANYAKI 10 GINZA」からは、シャトーブリアンなどの高級素材を惜しみなく使用した鉄板焼コースが、日本初上陸のグリル&タパス料理「Salt grill & tapas bar by Luke Mangan」からは、オーストラリア タスマニア州のロビン島で特別に肥育された牛のグリルがラインナップする。

 

 やばそう。

草間彌生さんデザインのシャンデリアは美しいですね。

ぜひ生で見たいものです!期間限定とのことなので早めに行きましょう。

ファッション、コスメだけではなくグルメもすごいことになってます!

高級なだけではなく世界中の有名店のお料理が食べられそうですね。

銀座の新たなランドマークになることはもちろんですが、日本経済の発展にもますます貢献してくれることでしょう~!

この辺で失礼します。照井浩也でした。